演劇クラス開講情報はこちら

未経験でも、初心者でも思い切り。演劇ワークショップのおもしろさ。

演技未経験の方や自信が持てない演技初心者の方に向けて、

ENTRY ACT(エントリーアクト)は東京都豊島区を拠点に「演劇ワークショップ」や「習い事演技レッスンクラス」を開講しております。

 

 

演劇ワークショップってなに?

時々ご質問頂くことなので、この場でお答えします!

 

演劇ワークショップとは、

【演劇体験講座】のことです!

 

 

たった一度の体験が、人生を変えることだってある

 

 

ENTRY ACTでは、演劇体験講座を定期的に開講し、2014年から毎年約500名の方にご参加いただいております。

 

殆どの方が「今日が初めての演劇」という方。

 

次に多いのが「演劇をやったことはあるけれど、自信はありません・・・ほぼ未経験です」という初心者の方。

 

 

13901980_1773178579622256_1253470081_o

 

 

演劇ワークショップのカリキュラムは担当講師(演技の専門家)がメンバーさんの目的に合わせて考案し、

みなさまの状態を見ながら進めていきます。

 

 

 

メンバーさんの目的は様々です。

 

 

『普段の生活ではPCとばかり向き合っていて、人と向き合うことがないんです。なので、感情を出す機会も無いので解放したくて来ました。』

『観劇が好きで、自分もやってみたいと思った。』

『表情が乏しいと自分で感じていて、表現力を身につけたいと思っています。』

 

↑ご紹介した言葉は、実際にENTRY ACTにご来場のみなさまから頂いた「ご参加理由」です。

 

ほんの一部ですが、

今、演劇をやってみたい気持ちはあるのだけれど、あと一歩の勇気がどうにも出ない・・・という方の参考になればと思い、ご紹介させていただきました。

 

 

 

 

演劇ワークショップは体験講座のため

メンバーさん同士が全員初対面ということが通常です。

 

 

みなさん最初はぎこちなく、表情がかたい・・・。

【自己解放】や【自由な、のびのびとした表現】や【円滑なコミュニケーション】とは程遠い状態から始まります。

これが通常です。

 

 

でもご安心くださいね。

 

ここが、演技講師(=体験講座のファシリテーター)の腕の見せ所なのです!

 

 

ENTRY ACTの演劇ワークショップでは最初に「インプロゲーム」を行うことが多いです。

ほぼ毎回「インプロ」を行います。

 

 

 

インプロ=インプロヴィゼーション(improvisation)

インプロの驚くべき効果は、

ご自身が子ども時代にやっていた手遊び感覚のゲームであっという間にメンバーさんの緊張が解(ほど)けて

ゲラゲラと笑い合うほどに打ち解けてしまえるところ。

さっきまでカチコチに固まっていた身体も心も嘘のように自由になっていくのが感じられるのです。

ゲームを開始して僅か5分で笑顔が自然と出てきていることに気づいていただけるはず。

s_5335520564488

 

この「インプロ」は近年、企業の研修でも使われることが多いようで

人見知りの方でも【コミュニケーション】を容易にします。

 

 

人と目を合わせて、

「伝わるまで伝える」発信と「相手の気持ちを受け取る」受信をゲームで体験することができます。

 

 

さらに、

「不安・緊張」状態から脱却して緊張感を良いベクトルに修正し、「集中」を高めてご自身の最大のパフォーマンスを引き出す効果もあります。

 

 

積み重ねていくとより効果が増しますが、一度の体験でも経験のひとつとなり、それを身体は忘れません。

 

このようなトレーニングは

演劇のパフォーマンスはもちろんのこと、

人前で何かをする機会のある方や人と接する職業の方のパフォーマンスも向上します。

 

 

 

 

 

 

【演劇・演技】に対して

興味はあるけれど、いざやってみるとなるとものすごく勇気がいる・・・という方が多いです。

 

 

初対面の人たちの前で演技をやることに対する漠然とした不安

敷居の高さ

恥をかくかもしれない恐怖

一歩を踏み出せない理由はいろいろ。

 

でも、それもご安心ください。

 

 

 

演技講師はメンバーさんが「未経験」「初心者」で「不安」な気持ちで当日来場されることを重々承知のうえ担当させていただきます。

 

 

演劇で嫌な気持ちにならないように、と最大限の配慮をし、初めての演劇体験の場としてENTRY ACTを選んでくださったことへ責任を持ってメンバーさんおひとりおひとりと向き合います。

 

 

 

 

エチュード=即興劇

テキストレッスン

のカリキュラムでは、

 

ENTRY ACTでは『演技をしない』でやってみてください、と毎回のようにお話ししています。

 

『演劇ワークショップなのに演技をしない!?』

 

驚かれるかもしれませんが、

(ワークショップ参加者さんも驚かれます)

これはENTRY ACTの開講するワークショップやレッスンの理念です。

 

 

 

 

 

「感動を生む表現」は、「本物の感情」が乗った【良い演技】なのです。

「うまいね」と言われる演技は【上手な演技】。

 

 

 

 

エチュードやテキストレッスンは、インプロゲームに比べて正直「難しさ」を感じずにはいられないと思っています。

テキストを持つ手が震えたり、セリフをうまく言えなかったり。

 

でも、それでいいんです。

 

 

 

 

震えながらでも自分をさらけ出そうとしたり

相手と繋がろうとしたりする。

そんな一生懸命な表現には説得力があります。

 

 

 

 

どんなにセリフの言い方が上手でも

立ち居振る舞いが上手でも

「うまく見せよう」といういわゆる自意識が先立つ表現は予定調和でおもしろくありません。

 

やっている本人が「おもしろい!」のも前者。

 

演技経験者は「上手さ」に偏りがちで、

未経験者のほうがいい演技をやられる、なんてことは珍しくありません。

 

「すごく緊張したけど、おもしろい!!!」

自分の中に眠っている『自分も知らなかった自分』が目覚める可能性を秘めた演劇ワークショップ。

 

 

ぜひ一歩、踏み出してください♪

ちょっとの勇気の先にある出会いがあなたにとって一生ものとなることを祈って。

 

 

 

たった一度の体験が、人生を変えることだってある

 

スケジュールページでは最新の情報を掲載しています。

ご参加心よりお待ちしております。

 

 

 

演劇クラス開講情報はこちら